純国産馬刺しのおいしい食べ方【怒涛の96レシピ】 熊本馬刺し 通販

熊本の味馬刺し屋 カラーミー店 純国産馬刺し

 

熊本の風土が育んだ至高の馬刺しを味わう喜びを、熊本の味馬刺し屋では、皆様にご提供しております。当店自慢の国産馬刺しは、選び抜かれた新鮮な馬肉のみを使用し、その豊かな旨味と滑らかな口当たりが特徴です。馬刺しの極上の味わいを全身で感じていただくために、ここでは馬刺しをより一層美味しく召し上がっていただくための方法をご紹介します。本当の純国産馬刺しの魅力的な味わいを自ら確かめたくなるはずです。

馬刺しの赤身部分には、深い風味と豊富なコクが宿っており、この部位を最高に楽しむ方法があります。美味しさを引き出す秘訣は、何よりもその新鮮さと素材の良さを生かすことにあります。まずは、薄切りにした馬刺しを適度に室温に戻し、この微妙な温度変化が引き出す馬肉本来の風味を堪能してください。さらに、新鮮なニンニク、ネギ、生姜などの薬味を添えることで、馬刺しの味わいに更なる深みを加えることができます。ポン酢や醤油でさっぱりとした味わいに仕上げるのはもちろん、ほんの少しの海塩を振りかけることで、肉の甘みと旨味を一層引き立てることができます。これらのシンプルながらも計算された食べ方によって、馬刺しの持つ本来の美味しさを最大限に引き出し、特別な瞬間を演出することができるのです。

熊本の味馬刺し屋 カラーミー店

Contents

国産馬刺し 薄切りにして刺身として

馬刺しは薄切りが一般的です。包丁で薄く切り、おしゃれな盛り付けで刺身として提供すると、美味しさが一層引き立ちます。醤油やわさび、生姜醤油といった薬味と一緒に召し上がるのがおすすめです。熊本の味馬刺し屋ではスライス商品多く取り揃えておりますので、薄切りするのが苦手な方はスライスされている商品がオススメです。
純国産馬刺しのスライス商品はこちら

初稿:2024/2/15
追記:2024/3/16,19,20,21,22,24,26,27,28,29,30,31
追記:4/2,3,4,6,7,11,12

国産馬刺し丼 (馬刺し 美味しい食べ方 (1))

馬刺し丼 国産馬刺し 通販 熊本

赤身を丼ぶりに載せて、ご飯と一緒に香り豊かな丼を楽しむ方法もあります。お好みで刻みネギや海苔、卵黄をトッピングすると、より一層贅沢な味わいになります。

国産馬刺し寿司 (馬刺し 美味しい食べ方 (2))

馬刺し寿司 すし 国産馬刺し 通販 熊本

赤身を握り寿司にしても美味しいです。しょうゆやわさび、ガリと一緒に楽しんでください。ネタの上には、少量の山葵やポン酢を垂らすと風味が引き立ちます。寿司での食べ方はお刺身で食べるとのまた少し違った風味や美味しさを味わう事がでる食べ方です。

国産馬刺しのカルパッチョ  (馬刺し 美味しい食べ方 (3))

国産馬刺しのカルパッチョ(1)

赤身を薄く切り、オリーブオイルやバルサミコ酢、塩、こしょうで味付けしたカルパッチョにするのもおすすめです。新鮮な馬肉の旨みが堪能できます。馬刺しを薄くスライスしてサラダに入れる食べ方もカルパチョとともにおいしい食べ方の1つです。馬刺しだからこそできる生の食べ方ですね。

馬刺しのカルパッチョ(2)

馬刺しのカルパッチョ(2)がおすすめもう1品です。薄切りにした馬刺しを皿に広げ、上から細かく切ったルッコラやパルメザンチーズの削り節を散らします。オリーブオイル、レモン汁、塩、黒胡椒を適量振りかけて味を調えます。このシンプルながらも豪華な一品は、馬刺しの豊かな味わいとフレッシュな野菜の爽やかさが絶妙にマッチします。

馬刺しのカルパッチョ風サラダ(3)

馬刺しのカルパッチョ風サラダ(3)をもう1品です。新鮮な馬刺しを薄くスライスし、冷蔵庫から取り出して室温に戻します。その間に、ルッコラ、ベビーリーフ、細切りの赤玉ねぎ、カプレーゼ用のミニトマトを混ぜたサラダベースを用意します。サラダの上に馬刺しを丁寧に配置し、エキストラバージンオリーブオイル、レモン汁、海塩、クラッシュした黒胡椒をかけて味を整えます。仕上げにパルメザンチーズの削りかすを散らし、彩りとして食用花を添えると、目にも鮮やかな一品が完成します。このレシピは、馬刺しの風味を生かしつつ、さわやかな酸味とオリーブオイルのまろやかさが加わり、食材の新たな魅力を引き出します。

馬刺しの和風カルパッチョ(4)

【馬刺しの和風カルパッチョ(4)】
 馬刺しの新しい美味しい食べ方のレシピを考えるなら、「馬刺しの和風カルパッチョ」がおすすめです。薄切りの馬刺しを皿に並べ、その上に細かく切った春菊や水菜を散りばめます。ドレッシングは、醤油、みりん、少量の砂糖、おろし生姜を混ぜたものをかけます。仕上げに、炒りごまや柚子の皮を少し振りかけて、風味を加えてください。このレシピでは、馬刺しの豊かな味わいに和風のエッセンスを加え、さっぱりとした味わいの中にも深みを楽しめます。

国産馬刺しのタタキ  (馬刺し 美味しい食べ方 (4))

赤身を軽く焼いた馬刺しのタタキも美味しいです。
表面を焼き固め、中は生のままで食べるスタイルです。ポン酢や柚子胡椒でいただくと、爽やかな風味が広がります。
どのスタイルも、馬刺しの赤身の旨みを引き出すために、新鮮なものを選び、薬味や調味料と相性の良いものを組み合わせることが大切です。ご自身でタタキにする馬刺しの食べ方が大変という方にはぜひタタキになっている商品を購入下さい。セットに入っている商品もございます。

また、馬刺しのタタキを刻んだネギ、大葉、おろし生姜を添え、ポン酢や醤油ベースのドレッシングでいただきます。この方法で、馬刺しの旨味を引き立てつつ、外の香ばしさと中の柔らかさの両方を楽しむことができます。

熊本 馬刺し屋 手作り 馬タタキ 70g

熊本 馬刺し屋 手作り 馬タタキ 70g

国産馬刺しのアレンジレシピ  (馬刺し 美味しい食べ方 (5))

馬刺し お歳暮 熊本 国産 ギフト 霜降り 桜ロース ハンバーグ セット 650g 名入れ 有料祝い箸ペア可

馬刺し 熊本 国産 ギフト 霜降り 桜ロース ハンバーグ セット 650g 名入れ 有料祝い箸ペア可

馬刺しと西洋風クリームチーズアボカド

馬刺しを異なる方法で楽しむには、
アボカドやクリームチーズを使った西洋風のアレンジもおすすめです。馬刺しとアボカドを細かく切り、クリームチーズを加えて軽く和えます。これにレモン汁とオリーブオイル、塩、黒胡椒を適宜加え、タルタル風に仕上げると、馬刺しの新しい味わいを楽しむことができます。また、馬刺しをサラダにトッピングするのも良いでしょう。フレッシュな野菜の上に薄切りの馬刺しをのせ、ドレッシングや醤油で味付けすると、ヘルシーで贅沢な一皿になります。

馬刺しミックスサラダ

・馬刺しの刺身風サラダをお試しください。薄切りの馬刺しを、新鮮なミックスサラダの上に美しく盛り付けます。ドレッシングは、和風醤油ベースにわさびを加えたものを使って、馬刺しにピリッとしたアクセントを加えます。仕上げに、ごま油を少々かけて風味を深め、白胡麻や刻んだ海苔をトッピングすると、和のテイストが馬刺しの風味を一層引き立てます。

馬刺しのピザ風トースト

馬刺しのピザ風トーストを試してみてください。トーストしたパンの上にクリームチーズを塗り、薄切りの馬刺しを乗せます。そこへ細かく切ったトマト、ルッコラ、赤玉ねぎをトッピング。最後にオリーブオイルとバルサミコ酢を軽く振りかけ、塩と黒胡椒で味を調えると、イタリアン風のおしゃれな馬刺し料理の完成です。このレシピは、馬刺しの新しい楽しみ方を提供し、食卓を華やかに彩ります。

馬刺しのガーリックトースト

【馬刺しのガーリックトースト】
馬刺しを使ったレシピとして、「馬刺しのガーリックトースト」です。バゲットを薄切りにして軽くトーストし、その上にスライスした馬刺しをのせます。オリーブオイル、みじん切りにしたにんにく、塩、黒胡椒を混ぜたものを馬刺しの上からかけ、最後にフレッシュなパセリを散らして完成です。ガーリックの風味が馬刺しの味わいを引き立て、香ばしいトーストとの相性も抜群です。

馬刺しのネギ塩レモン和え

馬刺しを使ったレシピとして、「馬刺しのネギ塩レモン和え」です。薄切りの馬刺しを盛り付け、上から大量の薬味ネギを散らします。その上に、塩、レモン汁、少しのごま油をかけて軽く和えるだけで、さっぱりとした味わいが楽しめます。このシンプルながら味わい深いレシピは、馬刺しの旨味とレモンの爽やかさが絶妙にマッチします

馬刺しのセビーチェ風

馬刺しを使った新しいレシピとして、「馬刺しのセビーチェ風」をご提案します。薄切りの馬刺しをライムやレモンの果汁でマリネし、細かく切った赤玉ねぎ、トマト、キュウリ、コリアンダー(香菜)を加えます。塩、黒胡椒、少しのチリペッパーで味を調え、冷蔵庫で少し冷やしてからお召し上がりください。このレシピは、馬刺しの旨味と酸味がマッチし、フレッシュな野菜のシャキシャキ感が楽しめる一品です。

馬刺し お歳暮 ギフト 国産 熊本 スライス晩酌 200g セット スライス済み セット 贈答 有料化粧箱小対応

国産馬刺しのアレンジレシピ  (馬刺し 美味しい食べ方 (6))

馬刺しの新しい食べ方として、「馬刺しの和風パスタ」。茹でたパスタに、薄切りの馬刺しを乗せ、お好みの和風ドレッシング(例えば、しょうゆベースに少しのみりんとお酢を混ぜたもの)をかけます。トッピングには刻んだ春 onions、大葉、または細かく切った海苔を散りばめて、風味豊かな一皿に仕上げます。このレシピは、馬刺しの豊かな味わいを和風のエッセンスと組み合わせることで、一味違った美味しさを楽しめます。

馬刺しの照り焼き風丼
 馬刺しを薄くスライスして、軽く焼きます。別に、炊きたてのご飯の上に馬刺しをのせ、自家製の照り焼きソース(しょうゆ、みりん、砂糖を混ぜたもの)をかけます。トッピングには、細切りのネギや刻んだ海苔、ごまを散らして完成です。このレシピは、馬刺しの新しい楽しみ方を提供し、和風の味わいが魅力的な一品になります。

馬刺しの冷製スープ
 トマトとキュウリをミキサーで細かくし、冷たいトマトジュースで薄めます。このスープにレモン汁、塩、黒胡椒で味を整えた後、冷蔵庫で冷やします。提供する直前に、薄切りにした馬刺しを冷製スープに浮かべ、フレッシュハーブやオリーブオイルを少々加えると、暑い日にぴったりの爽やかな一品が完成します。

・【馬刺しを使ったブルスケッタ風レシピ
バゲットを軽くトーストし、ニンニクを擦りつけた後、細かく切った新鮮なトマトとバジル、オリーブオイルを混ぜたものを乗せます。その上に薄切りの馬刺しをのせ、塩と黒胡椒で味を調えます。イタリアンの定番料理ブルスケッタに、馬刺しのユニークな風味を加えたこのレシピは、アペタイザーや軽食として楽しむのに最適です。

【馬刺しのアボカド巻き】
 馬刺しをアレンジしたレシピとして、「馬刺しのアボカド巻き」です。薄切りにした馬刺しをアボカドスライスで巻き、その上から少量の柚子胡椒を載せ、しょうゆを少し垂らして食べます。アボカドのクリーミーさと馬刺しの旨味が絶妙にマッチし、柚子胡椒のアクセントが味わいを引き締めます。

【馬刺しのアボカド巻き2】
◇材料:
 寿司用の海苔: 2枚
 ご飯: 適量
 アボカド: 1個(スライス)
 馬刺し: 適量
 わさび: お好みで
 しょうゆ: お好みで

◇作り方:
海苔を敷いたすししの上にご飯を広げます。
アボカドを薄くスライスし、ご飯の上に並べます。
馬刺しをアボカドの上に敷き詰めます。
わさびを少量乗せ、巻きます。
切り分けてお皿に盛り付け、しょうゆを添えて完成です。
これらのアレンジレシピで、馬刺しを新しい食べ方で楽しんでみてください。

【馬刺しのアボカドディップ】
 馬刺しを使った新しいアレンジレシピとして、「馬刺しのアボカドディップ」です。アボカドをつぶして、レモン汁、塩、コショウで味を調え、そこに細かく切った馬刺しを混ぜ合わせます。お好みで少しの醤油やワサビを加えると、さらに風味が増します。このディップをクラッカーやトーストに乗せてお召し上がりください。

【馬刺しの温玉丼】
馬刺しの温玉丼。ご飯の上に薄切りの馬刺しを美しく並べ、その上から温泉卵を割り入れます。醤油ベースのタレをかけ、刻んだネギや紅葉おろしをトッピングして完成です。温泉卵のとろりとした黄身が馬刺しと絡み合い、一層の旨味を引き出します。

【馬刺しのピリ辛チャプチェ(1)】
馬刺しを使った別のアレンジレシピとして、「馬刺しのピリ辛チャプチェ」です。馬刺しを細切りにし、にんにく、ごま油、醤油、砂糖、そして好みでコチュジャンを少し加えて味付けします。それを炒めた野菜(人参、玉ねぎ、しいたけなど)と炒めた春雨と混ぜ合わせます。仕上げにごまを振りかけてください。このレシピでは、馬刺しの新しい味わいと韓国風の料理を楽しむことができます。

【馬刺しの和風タルタル】
馬刺しを使ったレシピとして、「馬刺しの和風タルタル」です。細かく切った馬刺しに、みじん切りにした玉ねぎ、刻んだ青ネギ、大葉を加えます。ドレッシングは、しょうゆ、わさび、ごま油を混ぜたもので和え、お好みで少量のレモン汁を加えてください。このレシピでは、馬刺しの風味を生かしつつ、和風の調味料でさっぱりと仕上げています。

【馬刺しの柚子胡麻和え】
 馬刺しを使ったレシピとして、「馬刺しの柚子胡椒和え」です。薄切りにした馬刺しに少量の醤油をかけ、柚子胡椒を適量加えて和えます。さらに、細かく切った春 onionやみょうがをトッピングして、風味を加えます。柚子胡椒のさわやかな香りとピリッとした辛みが馬刺しの旨味を引き立てる、シンプルながらも味わい深い一品です。

【馬刺しのゴマダレ和え】
 馬刺しのアレンジレシピとして、「馬刺しのゴマダレ和え」です。馬刺しを適当な大きさにカットし、混ぜ合わせたゴマダレ(すりごま、醤油、砂糖、酢、ごま油で作る)で和えます。仕上げに、刻んだネギやシソの葉をトッピングしてください。ゴマの風味が馬刺しの旨味を引き立て、食感のアクセントにもなります。

【馬刺しのゴマソース和え】
 国産馬刺しを使った別の美味しい食べ方として、「馬刺しのゴマソース和え」をお勧めします。薄切りの馬刺しに、炒った白ゴマをたっぷりと振りかけ、ごま油、醤油、砂糖、おろしにんにくを混ぜた特製ゴマソースで和えます。このレシピは、ゴマの風味が馬刺しの味わいを一層引き立て、栄養価も高く、食感のアクセントにもなります。

【馬刺しの醤油マリネ】
国産馬刺しを使った料理レシピとして、「馬刺しの醤油マリネ」です。薄切りにした馬刺しを醤油、みりん、レモン汁で作ったマリネ液に漬け込みます。数時間冷蔵庫で味を染み込ませた後、薬味として細切りの春ネギやシソの葉を添えて完成です。このレシピは、馬刺しの旨味とマリネ液の酸味が絶妙にマッチし、さっぱりとした味わいを楽しむことができます。

馬刺し お歳暮 ギフト 国産 熊本 スライス晩酌 200g セット スライス済み セット 贈答 有料化粧箱小対応

国産馬刺しのアレンジ サラダレシピ  (馬刺し 美味しい食べ方 (7))

・【馬刺しのグリーンサラダ
 新鮮なグリーンサラダ(ルッコラ、ベビーリーフなど)を皿に盛りつけ、その上に薄切りにした馬刺しを美しく配置します。ドレッシングは、オリーブオイル、レモン汁、塩、黒胡椒を混ぜたシンプルなもので、サラダと馬刺しにかけてください。このドレッシングが、馬刺しの旨味とサラダのフレッシュさを引き立てます。サラダの上からパルメザンチーズを薄く削って加えると、さらに風味豊かになります。

・【馬刺しの冷やし中華風サラダ
 茹で冷やした中華麺の上に、薄切りの馬刺しを盛り付けます。野菜(キュウリ、トマト、レタスなど)を細かく切ってトッピングし、最後にピリッとした辛味のあるドレッシング(ごま油、醤油、酢、ラー油、おろしニンニクを混ぜ合わせたもの)をかけて完成です。この一品は、馬刺しの旨味と中華風のドレッシングが絶妙にマッチし、新鮮な野菜のシャキシャキ感と共に楽しめます。

・【馬刺しを使った温玉のせ和風サラダ
 ベビーリーフやルッコラをベースにしたサラダに、薄切りの馬刺しと半熟の温泉卵をのせます。ドレッシングは、醤油、みりん、和風だし、ごま油を混ぜたもので和風に仕上げます。温泉卵を割り、とろっとした黄身が馬刺しとサラダに絡むことで、様々な食感と味わいが楽しめる一品です。

【馬刺しのアジアンヌードルサラダ】
馬刺しを使った別のサラダレシピとして、「馬刺しのアジアンヌードルサラダ」をお勧めします。馬刺しを薄くスライスして、茹でた冷麺やソバの上に盛り付けます。キュウリ、人参、赤ピーマンを細切りにしてトッピングし、ドレッシングはライム汁、魚醤、砂糖、みじん切りのニンニク、チリソースを混ぜたアジアン風のものをかけます。このサラダは、さっぱりとしていながらも馬刺しの豊かな味わいを楽しめる一品です。
【馬刺しの和風サラダ】
 馬刺しの和風サラダを紹介します。薄切りの馬刺しを、新鮮なミックスグリーン、スライスしたきゅうり、大根、カイワレなどの野菜と合わせます。ドレッシングは、醤油、みりん、酢、少しの砂糖、ごま油を混ぜたもので、和風の味わいが楽しめます。仕上げに、白ごまや刻んだ海苔を散らして、見た目にも鮮やかなサラダにしてください。

馬刺し 馬肉 熊本 国産 大盛セット 1280g 

国産馬刺しのカクテルレシピ

馬刺しを小さく切ってグラスに入れ、お好みのカクテルと合わせます。例えば、馬刺しとシソの葉を入れてカエルのいびきを添えたマティーニや、馬刺しとキュウリを入れたジントニックなどがおすすめです。

馬刺しのサラダカクテル:

材料:

  • 馬刺し: 適量
  • キュウリ: 1本(薄切り)
  • トマト: 1個(くし切り)
  • レタス: 適量(ざく切り)
  • 大葉: 適量
  • ポン酢: お好みで

作り方:

  1. グラスに馬刺しを入れます。
  2. キュウリ、トマト、レタス、大葉をグラスに加えます。
  3. 最後にポン酢をかけて、よく混ぜます。

馬刺しのワサビカクテル:

材料:

  • 馬刺し: 適量
  • ワサビ: 少量
  • レモンジュース: 少量
  • ショートグラス: 1個

作り方:

  1. ショートグラスに馬刺しを入れます。
  2. 小さじ1杯程度のワサビとレモンジュースを加えます。
  3. よく混ぜて、冷蔵庫で冷やします。
  4. グラスの縁にレモンの輪切りを飾り、冷えたカクテルを注ぎます。

馬刺しのスモーキーカクテル:

材料:

  • 馬刺し: 適量
  • スモーキーソース: 少量
  • ウイスキー: 45ml
  • レモンジュース: 15ml
  • クラッシュアイス: 適量

作り方:

  1. カクテルシェーカーにウイスキー、レモンジュース、スモーキーソースを入れます。
  2. クラッシュアイスを加え、よく振ります。
  3. 馬刺しを入れたグラスに注ぎ、レモンの輪切りで飾ります。

これらのレシピは、馬刺しのユニークな味わいを楽しむためのアイデアです。自分の好みやアレンジ次第で、さらにオリジナルなカクテルを作ることができます。

馬刺しのブラッディマリーアレンジ

馬刺しを使ったカクテルアレンジレシピとして、完全にオリジナルな「馬刺しのブラッディマリーアレンジ」馬刺しカクテルアレンジレシピです。通常、ブラッディマリーはトマトジュースとウォッカをベースに作られますが、このレシピでは馬刺しを加えた新感覚のアペリティフを目指します。

1)必要な材料
 ウォッカ:60ml
 トマトジュース:120ml
 レモン汁:15ml
 Worcestershire sauce(ウスターソース):少々
 タバスコ:数滴(お好みで)
 塩、黒胡椒:各少々
 氷:適量
 国産馬刺し(薄切り):20g
 セロリの茎:1本(ガーニッシュ用)

2)作り方
シェーカーにウォッカ、トマトジュース、レモン汁、ウスターソース、タバスコを加えます。
塩と黒胡椒で味を整え、氷を入れてよく振ります。
予め冷やしておいたグラスに注ぎ、さらに冷凍して細かく切った馬刺しを上に浮かべます。
セロリの茎をグラスに挿してガーニッシュし、完成です。

このカクテルは、ブラッディマリーのピリ辛さとトマトの酸味、ウォッカのクリアな味わいに、馬刺しの旨味が加わり、一層深い風味を楽しめます。馬刺しはあらかじめ冷凍しておくことで、カクテルに浮かべやすくなりますし、食べる際の食感も楽しめます。お酒好きな方へのサプライズとして、または特別な夜のアペリティフとしてお試しください。

馬刺し 馬肉 熊本 国産 桜霜降り4点セット 2セット購入でおまけ付

国産馬刺しのアレンジレシピ(作り方付)

馬刺しの炊き込みご飯レシピ

馬肉の炊き込みご飯

1)馬肉の下処理:
 馬肉は食べやすい大きさに切り、軽く塩コショウで下味をつけておく。
下味をつけたら、少しの油で馬肉を表面が白くなる程度にさっと炒めておく。この工程で馬肉の旨味が引き出されます。

2)米の準備:
 米は通常通り洗い、30分程度水に浸しておく。これにより米がふっくらと炊き上がります。

3)具材の準備:
馬肉以外に入れたい具材(きのこ類、にんじん、ごぼうなど)を準備します。これらの具材も食べやすいサイズに切っておきましょう。

4)炊き込む:
 米を炊飯器に入れ、普段の水の量より少し少なめにして馬肉とその他の具材を上にのせます。
 通常の炊飯モードで炊き上げます。炊き上がりには、さらに香りを高めたい場合は、刻んだネギや生姜をトッピングしても良いでしょう。

馬肉は他の肉と比べて低脂肪で高タンパク質なため、健康的な選択肢となります。炊き込みご飯に使用することで、特有の風味と栄養を楽しむことができます。馬肉の下処理や、具材の選び方、米の水加減などを調整することで、ご家庭でも美味しい馬肉の炊き込みご飯を作ることが可能です。

味噌漬け馬肉レシピ

1)材料:
馬肉(刺身用): 200g
合わせ味噌: 4大さじ
(白味噌と赤味噌を各2大さじずつがおすすめ)
酒: 2大さじ
砂糖: 1大さじ
醤油: 1大さじ
にんにく(すりおろし): 1片分
生姜(すりおろし): 1片分

2)作り方:
味噌ダレの準備: 合わせ味噌、酒、砂糖、醤油を小鍋に入れ、弱火で温めながら砂糖が溶けるまでよく混ぜます。すりおろしたにんにくと生姜を加えてさらに混ぜ、冷ましておきます。

馬肉の準備: 馬肉は食べやすいサイズに切ります。

3)漬け込み: 馬肉を味噌ダレにしっかりと絡め、密閉できる容器やジップロックに入れて、冷蔵庫で半日から1日程度漬け込みます。

4)焼く: 漬け込んだ馬肉は、味噌ダレを軽くふき取り、フライパンやグリルで両面に焼き色がつくまで焼きます。中までじっくり火を通したい場合は、蓋をして弱火で数分蒸し焼きにします。

5)仕上げ: 焼き上がった馬肉をお皿に盛り付け、お好みで新鮮な野菜やハーブを添えて完成です。

このレシピは、馬肉特有の深い味わいと、味噌のコク、にんにくと生姜の風味が絶妙にマッチします。お好みで、漬け込む際に少量のごま油を加えると、香ばしさが増し、さらに美味しくなります。

馬刺しの味噌漬けは、日本酒や焼酎などのお酒とも相性が良く、特別な日のおつまみや、ご家族での食事にもぴったりの一品です。ぜひ、このレシピで馬肉の新しい魅力をお楽しみください。

馬刺しと大葉の巻き寿司

1)材料:
寿司用の海苔: 2枚
ご飯: 適量
馬刺し: 適量
大葉: 適量
わさび: お好みで
しょうゆ: お好みで
2)作り方:
寿司用の海苔を敷いたすししの上にご飯を広げます。
大葉を一枚ずつ重ね、その上に馬刺しを敷き詰めます。
わさびを少量乗せ、巻きます。
切り分けてお皿に盛り付け、しょうゆを添えて完成です。

馬刺し 馬肉 熊本 国産 桜霜降り4点セット 2セット購入でおまけ付 馬刺し 通販

馬刺しの香草焼き

1)材料:
馬刺し: 適量
オリーブオイル: 大さじ2
ニンニク: 1片(みじん切り)
ローズマリー: 少々(刻んだもの)
タイム: 少々(刻んだもの)
塩・こしょう: 適量

2)作り方:
馬刺しを食べやすい大きさに切ります。
ニンニク、ローズマリー、タイムをオリーブオイルに加えて混ぜます。
フライパンを熱し、オリーブオイルのミックスを熱します。
馬刺しを加えて両面焼き、塩とこしょうで味を調えて完成です。
これらのレシピで、国産馬刺しを新しい食べ方で楽しんでみてください。

馬刺しの和風ピザ

1)材料:
 ピザ生地(市販のものでOK)
 国産馬刺し
 しょうゆベースのソース
 モッツァレラチーズ
 グリーンオニオンや紅葉おろしで装飾

2)手順の概要:
ピザ生地にしょうゆベースのソースを塗り、薄切りにした馬刺しとモッツァレラチーズをトッピングします。
予熱したオーブンでチーズが溶けるまで焼きます。
焼き上がったら、グリーンオニオンや紅葉おろしを飾って完成です。

馬刺しのカルパッチョ風サラダ(5)

1)材料(2人分)

 馬刺し(薄切り):100g
 ルッコラ:1束
 ミニトマト:8個
 パルミジャーノレッジャーノ(削り):適量
 エクストラバージンオリーブオイル:大さじ2
 レモン汁:半分のレモンから
 塩:少々
 黒コショウ:適量

2)作り方
 1.ルッコラは洗って水気をしっかりと切り、皿に広げます。
 2.ミニトマトは半分に切り、ルッコラの上に均等に散らします。
 3.馬刺しはさらに薄くスライスして、野菜の上に美しく並べます。
 4.エクストラバージンオリーブオイルとレモン汁を合わせ、塩と黒コショウで味を調えたドレッシングを作ります。
 5.作ったドレッシングを馬刺しと野菜にかけます。
 6.最後にパルミジャーノレッジャーノを上から削りかけ、完成です。

この馬刺しのカルパッチョ風サラダは、馬刺しの旨味と新鮮な野菜のシャキシャキ感、レモンの酸味がマッチした、さっぱりとした一品です。ディナーの前菜や、ワインとのペアリングにも最適です。

馬刺しを生で楽しむことで、その深い味わいと柔らかさを存分に味わうことができます。また、エクストラバージンオリーブオイルとレモンのドレッシングが、馬刺しの風味を引き立てつつ、全体をさわやかにまとめ上げます。

馬刺しの和風カルパッチョ(6)

1)材料
 国産馬刺し(薄切り):100g
 ルッコラやベビーリーフ:適量
 大葉:5枚
 ミョウガ:1個
 紫玉ねぎ(薄切り):1/4個
 レモン(薄切り):1/2個
 黒胡椒:少々

和風ドレッシング
 醤油:大さじ2
 みりん:大さじ1
 オリーブオイル:大さじ2
 レモン汁:大さじ1
 おろしにんにく:小さじ1/4

2)作り方
ドレッシングの材料を全て混ぜ合わせ、よく冷やしておきます。
プレートにルッコラやベビーリーフを敷き、その上に馬刺しを並べます。
紫玉ねぎ、薄切りにしたミョウガ、レモンを飾ります。
最後に、冷やした和風ドレッシングを全体にかけ、大葉をちぎって上から散らし、黒胡椒を振ります。

このレシピは、馬刺しの豊かな味わいと、和風ドレッシングのさっぱりした味が絶妙にマッチし、暑い季節にもぴったりの一品となっています。ドレッシングはお好みで調整して、自分だけの味を見つけてください。サラダ感覚で楽しめるので、お酒のおつまみや、特別な日の前菜にも最適です。

馬刺しのアボカド巻き3

1)材料(2人分):
 国産馬刺し: 100g
 アボカド: 1個
 クリームチーズ: 30g
 青じそ: 5枚
 わさび醤油: 適宜

2)作り方:
アボカドの準備: アボカドは縦半分に切って種を取り、皮を剥きます。その後、薄切りにします。
馬刺しの準備: 馬刺しは食べやすいサイズにカットします。
クリームチーズを塗る: 青じその上にクリームチーズを薄く塗ります。
巻く: クリームチーズを塗った青じその上に、馬刺しとアボカドをのせて巻きます。

3)盛り付け: 巻いたものを適宜のサイズに切り、皿に盛り付けます。わさび醤油を添えて完成です。
このレシピは、馬刺しの旨味とアボカドのクリーミーさ、青じその香りが絶妙にマッチした一品です。クリームチーズのコクが加わることで、さらに味わい深い料理に仕上がります。簡単に作れるので、おもてなし料理やパーティーの一品としてもおすすめです。

馬刺しのゴマ風味冷製パスタ

国産馬刺しを活かした新たなアレンジ料理として、「馬刺しのゴマ風味冷製パスタ」を提案します。この料理は、さっぱりとした味わいの中にも、ゴマの風味が馬刺しの旨みを引き立てる一品です。

1)材料(2人分)
 国産馬刺し:100g
 冷製パスタ(冷やしうどんやそうめんでも可):200g
 キュウリ:1本
 ミニトマト:6個
 白ゴマ:大さじ2
 青じそ:4枚
 ゴマだれ
 白ゴマ(すりゴマ):大さじ3
 醤油:大さじ2
 砂糖:大さじ1
 みりん:大さじ1
 すりおろしにんにく:小さじ1/2
 レモン汁:小さじ2

2)作り方
ゴマだれの準備:すりゴマを除くゴマだれの材料を混ぜ合わせ、最後にすりゴマを加えてさらに混ぜます。
野菜の準備:キュウリは薄切りに、ミニトマトは半分に、青じそは細切りにします。
パスタの準備:パスタを茹でた後、冷水でしっかり冷やし、水気を切ります。
馬刺しの準備:馬刺しは食べやすい大きさに切ります。

3)盛り付け:冷製パスタを皿に盛り、キュウリ、ミニトマト、馬刺しを上にのせ、ゴマだれをかけます。最後に青じそをトッピングし、白ゴマを散らして完成です。
このレシピは、夏場の暑い日にぴったりの一品で、ゴマだれが馬刺しの味を引き立て、食欲をそそります。また、野菜との相性も良く、彩りも美しいので、見た目にも涼やかです。ご自宅で簡単に作れるので、ぜひ試してみてください。

馬刺しの柚子胡椒風味ソテー

1)材料(2人分)
 国産馬刺し(約100g)
 柚子胡椒(適宜)
 オリーブオイル(大さじ1)
 醤油(大さじ1)
 にんにく(1片、みじん切り)
 塩(少々)
 黒胡椒(少々)
 青ネギ(適宜、小口切り)
2)作り方
馬刺しは室温に戻しておく。
フライパンにオリーブオイルとみじん切りにんにくを入れ、弱火でにんにくの香りが出るまで熱する。
馬刺しを加え、中火で両面をサッと焼く(馬肉は加熱し過ぎないよう注意)。
火から下ろし、醤油を全体に回しかけ、柚子胡椒をお好みで加えて混ぜ合わせる。
塩、黒胡椒で味を整えた後、皿に盛り付け、仕上げに青ネギを散らす。

この馬刺しの柚子胡椒風味ソテーは、柚子胡椒の爽やかな辛味が馬刺しの旨みを引き立てる一品です。馬刺しは加熱し過ぎずに中心をレアに保つことで、柔らかさとジューシーさを楽しむことができます。簡単ながらも、お酒のおつまみや特別な日のメインディッシュとしても活躍するレシピです。ぜひ、お試しください。

馬刺しのピリ辛チャプチェ(2)

国産馬刺しを使ったアレンジ料理として「馬刺しのピリ辛チャプチェ」のレシピを考えてみました。この料理は、韓国の伝統的な炒め物「チャプチェ」と日本の馬刺しを組み合わせた創作料理で、辛味と馬刺しの旨味が楽しめる一品です。

1)材料(2人分)
 国産馬刺し:100g
 春雨:100g
 人参:1/2本(細切り)
 ほうれん草:1束(茹でてから、水気を絞り、適当な長さに切る)
 玉ねぎ:1/2個(薄切り)
 しいたけ:4枚(薄切り)
 ごま油:大さじ2
 醤油:大さじ2
 砂糖:大さじ1
 おろしニンニク:1片分
 唐辛子粉:小さじ1(お好みで調整)
 白ごま:適宜
 塩、黒胡椒:各少々

2)作り方
春雨はパッケージの指示に従って茹で、冷水で洗って水気を切ります。
フライパンにごま油を熱し、人参、玉ねぎ、しいたけを炒めます。野菜がしんなりしたら、馬刺しを加えてさっと炒め合わせます。
醤油、砂糖、おろしニンニク、唐辛子粉を加えて味を調え、最後に茹でた春雨を加えて全体をよく混ぜ合わせます。
塩、黒胡椒で味を整えたら、火から下ろし、盛り付けます。
仕上げに白ごまを散らして完成です。

この「馬刺しのピリ辛チャプチェ」は、ピリ辛味が食欲をそそり、馬刺しの新しい楽しみ方を提案します。ごま油の香りと唐辛子の辛味、馬刺しの旨味が絶妙にマッチし、ビールや日本酒などのお酒とも良く合います。お好みで量を調整して、ぜひご自宅で作ってみてください。

馬刺しのレモン塩ダレ和え

1)材料
 国産馬刺し:100g
 レモン(皮のみ):1個分
 オリーブオイル:大さじ2
 塩:小さじ1/2(好みで調整)
 黒胡椒:適量
 パセリ(みじん切り):適量
 赤唐辛子(輪切り):1本分(好みで調整)

2)作り方
 1.馬刺しは食べやすい大きさに切ります。
 2.レモンの皮を細かく削り、オリーブオイル、塩、みじん切りにしたパセリ、輪切りにした赤唐辛子と共にボウルでよく混ぜ合わせます。
 3.馬刺しをそのダレに和え、最後に黒胡椒を振りかけて完成です。

このレシピは、馬刺しの豊かな旨みにレモンの爽やかさが加わり、一層引き立てられます。塩ダレのシンプルさが馬刺しの風味を損なわず、食欲をそそる一品になります。パーティーの前菜や、ちょっとしたおつまみにぴったりです。お好みでレモン汁を加えると、さらにさわやかな味わいを楽しめます。

馬刺しのタルタル・デュクセル風

1)材料
 国産馬刺し:200g(たたきやみじん切りにする)
 マッシュルーム:100g(非常に細かくみじん切り)
 玉ねぎ:1/4個(非常に細かくみじん切り)
 パセリ:適量(みじん切り)
 キャパー:大さじ1(みじん切り)
 オリーブオイル:大さじ2
 ディジョンマスタード:小さじ1
 レモン汁:大さじ1
 塩・黒胡椒:各適宜

2)作り方
 1.マッシュルームと玉ねぎはそれぞれバターをひいたフライパンで、水分が飛ぶまで炒めてデュクセルを作ります。完全に冷ます。
 2.冷めたデュクセルに馬刺し、パセリ、キャパーを加え、オリーブオイル、ディジョンマスタード、レモン汁で和えます。
 3.塩と黒胡椒で味を調えます。
 4.冷蔵庫で少し冷やし固めた後、バゲットやクラッカーにのせてサーブします。

このレシピは、フランス料理のクラシックなデュクセル(きのこと玉ねぎのみじん切りをバターで炒めたもの)を使って、馬刺しの新しい楽しみ方を提案します。タルタルとして楽しむことで、馬刺しの風味をさらに引き立てます。また、デュクセルを加えることで、馬刺しの深い味わいときのこの旨味が組み合わさり、豊かな食感と味わいを楽しめる一品になります。

馬刺しの韓国風ユッケ

1)材料
 国産馬刺し:200g
 キュウリ:1本(細切り)
 韓国風ドレッシング:
  醤油:大さじ2
  ゴマ油:大さじ1
  おろしニンニク:小さじ1
  粉唐辛子(コチュカル):小さじ1(お好みで調整)
  砂糖:小さじ1
  白ごま:適量
  青ネギ:1本(小口切り)
 卵黄:1個分

2)作り方
 1.馬刺しは冷蔵庫から出して室温に戻し、食べやすいサイズに切ります。
 2.キュウリは細切りにしておきます。
 3.ドレッシングの材料を全て混ぜ合わせ、よくかき混ぜます。
 4.切った馬刺しとキュウリをボウルに入れ、3のドレッシングで和えます。
 5.皿に盛り付けたら、中央に卵黄をのせ、最後に少し白ごまを散らして完成です。

このレシピは、韓国料理のユッケをイメージしたものです。馬刺しの豊かな風味と、韓国風ドレッシングのピリ辛さが絶妙にマッチします。キュウリのシャキシャキした食感と、卵黄のまろやかさが加わることで、さらに味わい深い一品になります。お好みで、ごま油や粉唐辛子の量を調整して、お好みの味に仕上げてください。

馬刺しの中華風冷製サラダ

馬刺しの中華風冷製サラダ

1)材料:
 国産馬刺し:150g
 キュウリ:1本(斜め薄切り)
 紅ショウガ:適量(細切り)
 パクチー:適量(手でちぎる)
 黒酢:大さじ2
 オイスターソース:大さじ1
 花椒(ホアジャオ):少々(粉砕)
 セサミオイル:大さじ1
 塩・砂糖:各少々
 白胡麻:適量

2)作り方:
 1.馬刺しは適当な大きさに切り、キュウリ、紅ショウガ、パクチーとともに大きなボウルに入れます。
 2.別の小さなボウルで、黒酢、オイスターソース、セサミオイル、塩、砂糖、花椒を混ぜ合わせてドレッシングを作ります。
 3.作ったドレッシングを1のボウルにかけ、よく和えます。
器に盛り付け、仕上げに白胡麻を散らします。

このレシピは、馬刺しの旨みと中華風ドレッシングの酸味・甘味・辛味が絶妙にマッチした、新感覚の冷製サラダです。花椒の独特な風味がアクセントになり、食欲をそそります。夏にぴったりの一品で、ビールや白ワインとの相性も抜群です。

馬刺しのベトナム風生春巻き

1)材料:
 国産馬刺し:150g(薄切り)
 生春巻きの皮:8枚
 フレッシュミント:適量
 フレッシュコリアンダー(香菜):適量
 フレッシュバジル:適量
 レタス:適量(細切り)
 キュウリ:2本(細切り)
 ニンジン:1本(千切り)
 ライム:2個(絞り汁)

 ドレッシング(ヌクチャム風):
  魚醤:大さじ3
  砂糖:大さじ2
  水:大さじ3
  ライムジュース:大さじ2
  おろしニンニク:小さじ1
  赤唐辛子:1本(種を除き、細かく切る)

2)作り方:
 1.ドレッシングの材料を全て混ぜ合わせ、よくかき混ぜて溶かします。
 2.生春巻きの皮を水にサッと浸して柔らかくし、布巾の上に広げます。
 3.皮の上にレタス、ハーブ、キュウリ、ニンジンを適量置き、その上に馬刺しを並べます。
 4.生春巻きを巻く際に、具材が見えるように軽く押さえながら巻きます。
 5.出来上がった生春巻きを切らずにそのまま、または半分に切って、ヌクチャム風ドレッシングを添えてサーブします。

このレシピは、馬刺しの旨味とハーブの香り、ヌクチャム風ドレッシングのさっぱりとした味わいが絶妙にマッチします。アジアン風の爽やかな香りと味わいは、特に暑い季節にぴったりの一品です。

馬刺しのゴマ風味サラダ

1)材料:

 馬刺し 100g
 ミックスサラダ葉 1袋
 キュウリ 1本
 ミニトマト 5個
 白ゴマ 大さじ1
 ゴマ油 大さじ1
 醤油 大さじ1
 レモン汁 大さじ1
 塩 少々
 黒コショウ 少々

2)作り方:

 1.馬刺しは食べやすい大きさに切ります。
 2.キュウリは薄切りに、ミニトマトは半分に切ります。
 3.ボウルにミックスサラダ葉、キュウリ、ミニトマトを入れます。
 4.別の小さなボウルで、ゴマ油、醤油、レモン汁、塩、黒コショウを混ぜ合わせてドレッシングを作ります。
 5.ドレッシングをサラダにかけ、よく混ぜ合わせます。
 6.盛り付けたサラダの上に馬刺しをのせ、白ゴマをふりかけて完成です。

このレシピは、馬刺しの旨味とゴマの風味が絶妙にマッチした一品です。お好みでレモン汁の量を調整したり、お好みの野菜を加えたりしてアレンジしてみてください。

馬刺しの地中海風ピタパンサンド

1)材料(2人分)
 国産馬刺し:100g
 ピタパン:2枚
 ホウムス:大さじ4
 ミックスリーフ:適量
 チェリートマト:6個(半分に切る)
 レッドオニオン:少々(薄切り)
 キュウリ:1/2本(薄切り)
 フェタチーズ:50g(くずれるように切る)
 オリーブオイル、レモン汁、塩、黒胡椒:各適量

2)作り方
 1.馬刺しを薄切りにして室温で少し柔らかくしておきます。
 2.ピタパンをトースターで軽く温め、半分に切ります。
 3.ピタパンの内側にホウムスを塗ります。
 4.ミックスリーフ、チェリートマト、レッドオニオン、キュウリをピタパンに詰め、馬刺しとフェタチーズを上にのせます。
 5.オリーブオイルとレモン汁をかけ、塩と黒胡椒で味を調えて完成です。

このレシピは、馬刺しの豊かな味わいに、フレッシュな野菜とホウムスのクリーミーさが加わり、地中海の風味を感じることができます。ピタパンサンドとして楽しむことで、手軽に異国情緒あふれる食事をお楽しみいただけます。

馬刺しの地中海風カプレーゼ

1)材料(2人分)
 国産馬刺し:100g
 ミニトマト:8個
 モッツァレラチーズ:100g
 フレッシュバジル:適量
 エキストラバージンオリーブオイル:大さじ2
 バルサミコ酢:大さじ1
 塩、黒胡椒:各少々

2)作り方
 1.馬刺しは薄切りにし、室温で少し柔らかくしておきます。
 2.ミニトマトは半分に、モッツァレラチーズは1cm厚さのスライスに切ります。
 3.皿に交互に馬刺し、ミニトマト、モッツァレラチーズを並べ、フレッシュバジルを上から散らします。
 4.エキストラバージンオリーブオイルを全体にかけ、バルサミコ酢を回し入れます。
 5.最後に塩と黒胡椒で味を整えて完成です。

このレシピは、地中海の太陽を感じさせるようなフレッシュでヘルシーな一品になります。馬刺しの旨みとトマト、チーズの酸味・甘味が絶妙にマッチし、特別な日の前菜や、普段の食卓にも彩りを添えるでしょう。

馬刺しのビールマリネ

馬刺しのオリジナルレシピ「馬刺しのビールマリネ」です。ドイツ料理にはビールを使用した料理が多くありますが、このレシピでは、馬刺しをビールとハーブでマリネして、ドイツ風の味わいを楽しめる一品に仕上げます。

1)材料(2人分)
 国産馬刺し:100g
 ドイツビール:100ml
 オリーブオイル:大さじ2
 レモン汁:大さじ1
 ローズマリー(みじん切り):小さじ1
 タイム(みじん切り):小さじ1
 塩、黒胡椒:各少々

2)作り方
 1.馬刺しを一口大に切ります。
 2.ビール、オリーブオイル、レモン汁、ローズマリー、タイムを混ぜ合わせたマリネ液 3.を作ります。
 4.馬刺しをマリネ液に浸し、冷蔵庫で2時間程度マリネします。
 5.器に盛り付け、塩と黒胡椒で味を調えた後、お好みでフレッシュなハーブを散らして完成です。

このレシピは、ビールのコクとハーブの香りが馬刺しの旨味を引き立て、ドイツ風の新しい味わいを楽しめます。ビールを使ったマリネは、特に夏場の暑い時期にぴったりの爽やかな前菜となります。

馬刺しのわさび醤油マリネ

国産馬刺しを使用した和風レシピとして、「馬刺しのわさび醤油マリネ」をご提案します。このレシピは、馬刺しの豊かな風味をわさび醤油で引き立て、シンプルながらも深い味わいを楽しむことができます。

1)材料(2人分)
 国産馬刺し:100g
 醤油:大さじ2
 わさび:適量(お好みで)
 白ごま:少々
 ネギ:1本(小口切り)
 大根おろし:適量
 レモン汁:少々

2)作り方
 1.馬刺しを食べやすいサイズに切ります。
 2.ボウルに醤油、わさびを混ぜ合わせ、マリネ液を作ります。
 3.切った馬刺しをマリネ液に和え、冷蔵庫で約30分ほど味をなじませます。
 4.盛り付ける際、大根おろしと小口切りにしたネギを上に散らし、白ごまを振ります
 5.最後にレモン汁を少々かけて完成です。

このレシピは、わさびのピリッとした辛味と醤油の旨味が馬刺しの風味を引き立て、大根おろしとネギの爽やかさが加わることで、和風の味わい深い一品になります。

馬刺しのアメリカンBBQスタイル

国産馬刺しを使用したアメリカン風のレシピとして、「馬刺しのBBQスタイル」を提案します。このレシピは、アメリカのバーベキューの風味を馬刺しで楽しむアイデアです。

1)材料(2人分)
 国産馬刺し:100g
 BBQソース:大さじ4
 オリーブオイル:大さじ1
 細切りにしたレッドオニオン:小さじ2
 細切りにしたピクルス:小さじ2
 ミニトマト:8個(半分に切る)
 ルッコラ:適量
 塩、黒胡椒:各少々

2)作り方
 1.馬刺しを食べやすいサイズに切り、塩、黒胡椒で下味をつけます。
 2.オリーブオイルを熱したパンで馬刺しをさっと炒め、中はレアのまま外側に軽く焼き色をつけます。
 3.焼き上がった馬刺しを皿に盛り、BBQソースをかけます。
 4.レッドオニオン、ピクルス、ミニトマト、ルッコラを上から散りばめます。

このレシピは、アメリカ南部のバーベキューを思わせるスモーキーで甘辛いBBQソースが、馬刺しの豊かな風味を引き立てます。レッドオニオンとピクルスの酸味がアクセントになり、フレッシュな野菜が彩りと爽やかさを加えることで、一層美味しくいただけます。

馬刺しのコブサラダ風

国産馬刺しを使ったアメリカン風のレシピとして、「馬刺しのコブサラダ風」を考えてみました。このレシピは、馬刺しを使ってアメリカのクラシックなサラダであるコブサラダをアレンジしたものです。

1)材料(2人分)
 国産馬刺し:100g
 ロメインレタス:適量(手でちぎる)
 アボカド:1個(角切り)
 チェリートマト:8個(半分に切る)
 ハードボイルドエッグ:2個(6等分に切る)
 ブルーチーズ:50g(くずれるように切る)
 ベーコン:4枚(焼いて砕く)
 レモンジュース:大さじ1
 オリーブオイル:大さじ2
 塩、黒胡椒:各少々

2)作り方
 1.馬刺しを薄切りにし、塩と黒胡椒で下味をつけます。
 2.ロメインレタスを皿の底に敷きます。
 3.アボカド、チェリートマト、ハードボイルドエッグ、ブルーチーズ、砕いたベーコンを、ロメインレタスの上に美しく並べます。
 4.薄切りにした馬刺しを上から均等に配置します。
 5.小さなボウルでレモンジュースとオリーブオイル、塩、黒胡椒を混ぜ合わせ、ドレッシングを作ります。
 6.作ったドレッシングを全体にかけて完成です。

このレシピでは、馬刺しをアメリカンスタイルのサラダに取り入れることで、新たな食感と味わいを楽しむことができます。南米風馬刺しレシピ


南米風の馬刺しのレシピをオリジナルで作成しました。このレシピは、南米の料理によく見られる豊かなハーブとスパイスを使い、日本の伝統的な馬刺しを新しい味わいに仕上げます。

南米風馬刺しレシピ

このレシピは、南米の料理によく見られる豊かなハーブとスパイスを使い、日本の伝統的な馬刺しを新しい味わいに仕上げます。

1)材料(2人分):
 馬肉(刺身用): 200g
 ライム: 1個
 オリーブオイル: 大さじ2
 コリアンダー(香菜): 適量
 赤玉ねぎ: 1/4個
 アボカド: 1個
 トマト: 1個
 唐辛子(お好みで調整): 1本
 塩: 少々
 黒胡椒: 少々
 クミンパウダー: 小さじ1/2



2)作り方:
 1.野菜の準備:
  赤玉ねぎは薄くスライスします。
  トマトとアボカドは、種を取り除いてから1cm角にカットします。
  コリアンダーは粗く刻みます。
 2.唐辛子は種を取り除き、細かく刻みます。
  ドレッシングの準備:
  ボウルにオリーブオイル、ライムの絞り汁、塩、黒胡椒、クミンパウダーを
  加えてよく混ぜ合わせます。
 3.馬肉の調理:
  馬肉を薄切りにします。
  馬肉をドレッシングに加え、手早く和えてから、10分程度マリネします。
 4.盛り付け:
  マリネした馬肉を皿に盛り付けます。
  その上に、スライスした赤玉ねぎ、カットしたトマトとアボカドを加えます。
  最後に、刻んだコリアンダーと唐辛子をトッピングします。

このレシピは、馬肉の旨味と、新鮮な野菜の酸味、スパイスの香りが絶妙にマッチした、南米風の一品です。馬肉は高タンパクで低脂肪なので、健康にも良い選択となります。ライムの爽やかな酸味と、クミンのスパイシーな香りが食欲をそそります。お好みで、追加のスパイスやハーブを加えて、自分好みの味わいを楽しんでください。

馬刺しポキ

国産馬刺しを使用したハワイ風のアレンジレシピとして、「馬刺しポキ」を提案します。ポキはハワイの伝統的な料理で、新鮮な魚を小さく切って調味料で和えたものですが、ここでは馬刺しを使用します。

1)材料(2人分)
 国産馬刺し:100g
 醤油:大さじ2
 セサミオイル:大さじ1
 ねぎ:1本(みじん切り)
 白ごま:小さじ1
 刻み海苔:適量
 アボカド:1個(角切り)
 塩、黒胡椒:少々


2)作り方
 1.馬刺しを一口大の角切りにします。
 2.ボウルに醤油、セサミオイル、みじん切りのねぎ、白ごまを入れてよく混ぜ合わせます。
 3.切った馬刺しとアボカドをボウルに加え、全体が均一になるように優しく和えます。
 4.塩と黒胡椒で味を調えた後、盛り付けて、刻み海苔を上から散らして完成です。

このレシピは、馬刺しの旨味とセサミオイルの風味が組み合わさり、ハワイ風の新しい味わいを楽しむことができます。

インド風馬刺しレシピ

インド風の馬刺しレシピをご紹介します。このレシピは、インドの伝統的なスパイスとハーブを使い、日本の馬刺しを新しい味わいで楽しむためのオリジナルレシピです。馬肉の旨味とインドスパイスの魅力が組み合わさった、エキゾチックな一品に仕上がります。

インド風馬刺しレシピ

1)材料(2人分):
 馬肉(刺身用): 200g
 ヨーグルト: 大さじ2
 ガラムマサラ: 小さじ1
 ターメリックパウダー: 小さじ1/2
 コリアンダーパウダー: 小さじ1
 クミンパウダー: 小さじ1/2
 レモン汁: 大さじ1
 フレッシュコリアンダー(香菜): 少々(飾り用)
 塩: 少々
 オリーブオイル: 少々(馬肉にまぶす用)
 細かく切った新鮮なチリ: 1本(お好みで)

2)作り方:
 1.馬肉の下処理:
 2.馬肉を薄切りにし、軽くオリーブオイルをまぶしておきます。
 3.マリネ液の準備:
  ボウルにヨーグルト、ガラムマサラ、ターメリックパウダー、
  コリアンダーパウダー、クミンパウダー、レモン汁、塩を加えて
  よく混ぜ合わせます。
 4.馬肉のマリネ:
  3.で作ったマリネ液に馬肉を加え、全体にしっかりと絡めます。
  冷蔵庫で30分ほどマリネします。この時間が馬肉にスパイスの味
  をしっかりと染み込ませます。
 5.盛り付け:
  マリネした馬肉を皿に盛り付けます。
  上から細かく切ったフレッシュコリアンダーを散らし、お好みで新鮮なチリを加えます。

このレシピで、インドのスパイスが馬肉の深い味わいを引き立て、一口食べるごとに異国情緒あふれる香りと味わいが楽しめます。ガラムマサラとその他のスパイスは、肉の味を豊かにしつつ、独特の風味を加えてくれます。フレッシュコリアンダーとレモン汁の酸味が、スパイスの重さをバランス良く引き立てます。

インド風馬刺しは、普段の食卓に新鮮な変化をもたらしてくれることでしょう。お好みで辛さを調整し、ご自身の味覚に合わせてカスタマイズしてみてください。

ネパール風馬刺し(馬刺しセクワ)

ネパール風馬刺し、別名「馬刺しセクワ」のレシピを紹介します。セクワはネパールで人気のあるグリル料理で、通常は肉をスパイスと共にマリネして炭火で焼きますが、このレシピでは馬肉を生で楽しむためにアレンジし、ネパールの風味を生かした馬刺しに仕上げます。

ネパール風馬刺し(馬刺しセクワ)レシピ

1)材料(2人分):
 馬肉(刺身用): 200g
 レモン汁: 大さじ1
 ネパール風マサラ(ガラムマサラでも代用可): 小さじ1
 チリパウダー: 小さじ1/2(お好みで調整)
 ターメリックパウダー: 小さじ1/4
 クミンパウダー: 小さじ1/2
 塩: 少々
 コリアンダー(香菜): 少々(飾り用)
 オリーブオイル: 大さじ1
 細かく切ったフレッシュコリアンダー: 少々
 セロリの葉: 少々(飾り用、オプション)

2)作り方:
 1.馬肉の準備:
  馬肉は薄切りにしておきます。
  薄切りにした馬肉をボウルに入れ、オリーブオイルを軽くまぶします。
 2.スパイスミックスの作成:
  別の小さなボウルに、レモン汁、ネパール風マサラ、チリパウダー、ターメリックパウダー、クミンパウダー、塩を加え、よく混ぜ合わせます。
 3.馬肉のマリネ:
  2で作ったスパイスミックスを馬肉に均等に絡め、軽くマッサージして味を染み込ませます。
  馬肉を冷蔵庫で30分ほどマリネさせます。
 4.盛り付け:
  マリネした馬肉を皿に盛り付けます。
  上から細かく切ったフレッシュコリアンダー、セロリの葉を散らします。

このレシピで作るネパール風馬刺しは、ネパールのスパイスが馬肉の旨味を引き立て、独特の風味と香りを楽しむことができます。レモン汁の酸味が肉の味を引き締め、スパイスの辛味と絶妙にマッチします。フレッシュコリアンダーやセロリの葉をトッピングすることで、見た目にも鮮やかで、さっぱりとした後味を楽しめる一品になります。

ご自宅で簡単に作れるこのレシピを使って、ネパールの味をお楽しみください。

アロマティック・インド風馬刺し

インド風馬刺しをベースに、オリジナルなタッチを加えたレシピをご紹介します。インド料理の特徴である香り高いスパイスを使用し、馬刺しにエキゾチックな風味を加えます。


1)インド風馬刺しレシピ
 材料(2人分):
 馬肉(刺身用): 200g
 プレーンヨーグルト: 大さじ2
 カルダモンパウダー: 小さじ1/4
 ガラムマサラ: 小さじ1
 コリアンダーパウダー: 小さじ1
 クミンパウダー: 小さじ1/2
 パプリカパウダー: 小さじ1/2
 塩: 少々
 黒胡椒: 少々
 レモン汁: 大さじ1
 新鮮なコリアンダー(みじん切り): 大さじ2
 ミント(みじん切り): 大さじ1(オプション)

2)作り方:
 1.下準備:
  馬肉は薄切りにしておき、常温に戻しておきます。
 2.スパイスミックスの準備:
  小さいボウルにプレーンヨーグルト、カルダモンパウダー、ガラムマサラ、
  コリアンダーパウダー、クミンパウダー、パプリカパウダー、塩、黒胡椒
  を加えます。
  これらのスパイスとヨーグルトをよく混ぜ合わせ、均一のマリネソースを
  作ります。
 3.馬肉のマリネ:
  馬肉をスパイスミックスに加え、全体にしっかりと絡ませます。
  冷蔵庫で最低30分、できれば1時間以上マリネすることで、味が馬肉に
  染み込みます。
 4.盛り付け:
  マリネした馬肉を皿に盛り付けます。
  上からレモン汁を軽く振りかけ、新鮮なコリアンダーとミントを散らします。

このレシピのキーポイントは、馬肉の深みとインドのスパイスが生み出す複雑な味わいです。レモン汁と新鮮なハーブが加わることで、味に爽やかさと清涼感が増し、スパイスの効いた馬刺しをより一層楽しむことができます。お好みで辛さを調整したり、スパイスを加えることで、自分好みのインド風馬刺しを作り上げてください。

スパイシー香るパキスタン風馬刺し

パキスタン風馬刺しのレシピを紹介します。パキスタンの料理には、香り高いスパイスとハーブが豊富に使われ、それらが絶妙に組み合わさって独特の風味を生み出します。このレシピは、パキスタンの伝統的な味付けを取り入れつつ、馬刺しという日本の食文化にマッチするようにアレンジしたものです。

パキスタン風馬刺しレシピ

1)材料(2人分):
 馬肉(刺身用): 200g
 プレーンヨーグルト: 大さじ2
 レモン汁: 大さじ1
 クミンパウダー: 小さじ1
 コリアンダーパウダー: 小さじ1
 ターメリックパウダー: 小さじ1/2
 チリパウダー: 小さじ1/2(お好みで調整)
 ガラムマサラ: 小さじ1
 塩: 適宜
 フレッシュコリアンダー: 適量(装飾用)
 ミントの葉: 適量(装飾用)
 新鮮な緑のチリ: 1本(細かく切って、装飾用)

2)作り方:
 1.下準備:
  馬肉を薄切りにし、常温に戻しておきます。
 2.マリネ液の作成:
  ボウルにプレーンヨーグルト、レモン汁、クミンパウダー、
  コリアンダーパウダー、ターメリックパウダー、チリパウダー、
  ガラムマサラ、塩を加えてよく混ぜ合わせます。
 3.馬肉のマリネ:
  2.のマリネ液に馬肉を加え、しっかりと絡めます。
  冷蔵庫で30分〜1時間程度、味を馴染ませます。
 4.盛り付け:
  マリネした馬肉を皿に並べ、フレッシュコリアンダー、ミントの葉、
  新鮮な緑のチリを上から散りばめます。

このレシピは、パキスタン料理特有のスパイスが効いた馬刺しを楽しむことができます。レモンの酸味がスパイスの辛味を和らげ、馬肉の旨味を引き立てます。フレッシュハーブの香りが料理に深みを加え、味のバランスを整えます。お好みでスパイスの量を調整して、自分好みの味わいを見つけてください。

トロピカルフルーツ香るマリアナ風馬刺し

マリアナ諸島風の馬刺しレシピを紹介します。このレシピは、マリアナ諸島の料理に見られるトロピカルなフルーツやココナッツを使用し、日本の伝統的な馬刺しにエキゾチックな風味を加えたオリジナルレシピです。フルーツの甘みと馬肉の旨味が組み合わさり、一風変わった美味しさを楽しむことができます。

マリアナ風馬刺しレシピ

1)材料(2人分):
 馬肉(刺身用): 200g
 マンゴー(熟していて甘いもの): 1/2個
 パパイヤ(熟しているもの): 1/4個
 ライム: 1個
 ココナッツミルク: 大さじ2
 フレッシュミント: 適量
 塩: 少々
 黒胡椒: 少々
 チリフレーク(お好みで): 少々

2)作り方:
 1.下準備:
  馬肉は薄切りにして、冷蔵庫で冷やしておきます。
  マンゴーとパパイヤは皮を剥いて種を取り除き、小さめの角切り
  にします。
  ライムは半分に切り、片方は絞ってジュースを取り出し、もう片方は
  装飾用に薄切りにします。
 2.ドレッシングの準備:
  小さなボウルに、ココナッツミルク、ライムジュース、塩、黒胡椒を加え
  てよく混ぜ合わせます。お好みでチリフレークを加えて少し辛味を出して
  も良いです。
 3.馬肉のマリネ:
  馬肉をドレッシングに軽く絡め、5分ほどマリネして味を染み込ませます。
 4.盛り付け:
  マリネした馬肉を皿に並べ、マンゴーとパパイヤを上に散りばめます。
  最後に、フレッシュミントを上に飾り、ライムの薄切りを添えます。

このレシピで作るマリアナ風馬刺しは、トロピカルフルーツの甘みとココナッツミルクのクリーミーさが、馬肉の風味を引き立てます。ライムの酸味が全体に爽やかさを加え、食欲をそそります。特別な日の前菜や、パーティーでの一品としてもおすすめです。自分好みのトロピカルフルーツを加えてアレンジしてみてください。

馬刺しのチミチュリソース添え

国産馬刺しを使った南米風レシピとして、「馬刺しのチミチュリソース添え」をご提案します。チミチュリは、パセリやオレガノを主体とした、酸味と香り豊かなアルゼンチンのソースです。このソースを添えることで、馬刺しの味わいに新たな風味が加わります。

1)材料(2人分)
 国産馬刺し:100g
 フレッシュパセリ:1/2カップ(みじん切り)
 オレガノ(乾燥):小さじ1
 レッドワインビネガー:大さじ2
 エキストラバージンオリーブオイル:大さじ3
 ニンニク:1片(みじん切り)
 塩、黒胡椒:各少々
 赤唐辛子(みじん切り):小さじ1/2(お好みで調整)

2)作り方
 1.チミチュリソースを作ります。ボウルにみじん切りにしたパセリ、オレガノ、レッドワインビネガー、オリーブオイル、みじん切りにしたニンニク、塩、黒胡椒、赤唐辛子を入れ、よく混ぜ合わせます。
 2.馬刺しを薄切りにし、皿に盛り付けます。
 3.作ったチミチュリソースを馬刺しの上にたっぷりとかけます。

このレシピは、馬刺しの豊かな旨みとチミチュリソースの酸味・辛味・香りが絶妙にマッチした、南米風の味わいを楽しめる一品です。お好みでソースの量を調整して、馬刺しの新たな楽しみ方をお試しください。

熊本国産馬刺しなら 馬刺し 通販 の熊本の味馬刺し屋にてお買い求めください♪

国産馬肉ハンバーグ「旨味たっぷり馬肉ハンバーグ」

国産馬肉を使ったハンバーグのレシピを紹介します。馬肉は低脂肪で高タンパク質なので、ヘルシーながらもジューシーなハンバーグが楽しめます。このレシピは、シンプルながらも馬肉の旨味を最大限に引き出すための工夫を凝らしています。

材料(4人分):

  • 国産馬肉(ミンチ): 400g
  • 玉ねぎ(みじん切り): 1個
  • パン粉: 1/2カップ
  • 牛乳: 1/2カップ
  • 卵: 1個
  • 塩: 小さじ1
  • 黒胡椒: 少々
  • ナツメグ: 少々
  • オリーブオイル: 適量

ソース:

  • ケチャップ: 1/4カップ
  • ウスターソース: 2大さじ
  • 赤ワイン: 1/4カップ
  • 砂糖: 小さじ1

作り方:

  1. 下準備:
    • 玉ねぎはみじん切りにし、オリーブオイルで中火で炒めて透明になるまで炒めた後、冷ましておきます。
    • パン粉は牛乳に浸しておきます。
  2. ハンバーグの生地作り:
    • 大きなボウルに馬肉ミンチ、炒めた玉ねぎ、パン粉と牛乳の混合物、卵を入れます。
    • 塩、黒胡椒、ナツメグを加え、よく手で混ぜ合わせます。粘りが出るまでしっかりと練ります。
  3. 形成と焼き:
    • 生地を4等分にして、それぞれをハンバーグの形に整えます。
    • フライパンにオリーブオイルを熱し、中火で両面を焼きます。両面が焼けたら、蓋をして弱火で約5分蒸し焼きにします。
  4. ソースの作成:
    • 別の小鍋でケチャップ、ウスターソース、赤ワイン、砂糖を混ぜ、中火で煮詰めます。
    • ソースが少しとろみがついたら完成です。
  5. 盛り付け:
    • ハンバーグを皿に盛り付け、作成したソースを上からかけます。

この「旨味たっぷり馬肉ハンバーグ」は、馬肉特有の深い味わいと、ハーブの香りが特徴的な一品です。ヘルシーでありながらも満足感のある食事を楽しむことができます。サイドには季節の野菜を添えて、栄養バランスの良い食事をお楽しみください。

熊本 馬肉ハンバーグ 旨い理由 馬刺し 通販 (馬牛~ん) – 熊本の味馬刺し屋 カラーミー店 最新情報Blog (basashiya.com)

国産馬肉のチーズハンバーグ「チーズin馬肉ハンバーグ」

国産馬肉を使用したチーズハンバーグのレシピをご紹介します。ジューシーな馬肉の旨味と溶け出すチーズの組み合わせが絶妙な、心温まる一品です。馬肉の低脂肪・高タンパクの特性とチーズの濃厚さがマッチした、ご家庭でも簡単に作れるレシピです。

材料(4人分):

  • 国産馬肉ミンチ: 500g
  • 玉ねぎ(みじん切り): 1個
  • パン粉: 3/4カップ
  • 牛乳: 1/2カップ
  • 卵: 1個
  • サラダ油: 適量
  • 塩: 小さじ1
  • 黒胡椒: 適量
  • ナツメグ: 少々
  • スライスチーズ(またはとろけるチーズ): 4枚

ソース:

  • ケチャップ: 1/2カップ
  • ウスターソース: 3大さじ
  • 赤ワイン: 大さじ2
  • 砂糖: 大さじ1

作り方:

  1. 下準備:
    • 玉ねぎはみじん切りにして軽く炒め、冷ます。
    • パン粉は牛乳に浸して柔らかくする。
    • スライスチーズは適当なサイズにカットしておく(使うチーズによって調整)。
  2. ハンバーグ生地の作成:
    • ボウルに馬肉ミンチ、炒めた玉ねぎ、パン粉の牛乳浸し、卵、塩、黒胡椒、ナツメグを加え、よく手で混ぜ合わせる。
    • 生地がまとまったら、4等分にし、それぞれの中心にチーズを置いて包み込む形でハンバーグの形を作る。
  3. 焼き:
    • フライパンにサラダ油を熱し、ハンバーグを中火で焼く。
    • 一度焼き色がついたら、蓋をして弱火でじっくりと中まで火を通す。
  4. ソース作成:
    • 別の鍋にケチャップ、ウスターソース、赤ワイン、砂糖を入れ、混ぜながら煮詰める。
  5. 完成:
    • ハンバーグを皿に盛り付け、上からソースをかけて完成。

この「チーズin馬肉ハンバーグ」は、中からとろりと溶け出すチーズが口の中で広がり、馬肉の深い味わいと相まって、格別の美味しさを楽しめます。サイドには、季節の野菜を蒸したものや、サラダを添えると、より一層食事が豊かになります。

馬肉のイタリアン・ハーブハンバーグ

国産馬肉を使用したイタリアンスタイルのハンバーグ、名付けて「馬肉のイタリアン・ハーブハンバーグ」のレシピを紹介します。このレシピは、馬肉の旨味を引き立てるイタリアンハーブとトマトソースで、さっぱりとした味わいに仕上げています。馬肉のジューシーさとハーブの香りが食欲をそそります。

材料(4人分):

  • 国産馬肉ミンチ: 400g
  • 玉ねぎ(みじん切り): 1個
  • パン粉: 1/2カップ
  • 牛乳: 大さじ4
  • 卵: 1個
  • イタリアンハーブミックス(乾燥バジル、オレガノ、ローズマリー等): 大さじ1
  • 塩: 小さじ1
  • 黒胡椒: 適量
  • オリーブオイル: 適量

トマトソース:

  • カットトマト(缶): 1缶
  • にんにく(みじん切り): 2片
  • オリーブオイル: 大さじ2
  • 塩: 小さじ1/2
  • 砂糖: 小さじ1
  • イタリアンハーブミックス: 小さじ1

作り方:

  1. 下準備:
    • 玉ねぎはみじん切りにして、軽くオリーブオイルで炒めて冷ましておきます。
    • パン粉は牛乳に浸して柔らかくします。
  2. ハンバーグ生地の作成:
    • ボウルに馬肉ミンチ、炒めた玉ねぎ、パン粉の牛乳浸し、卵、イタリアンハーブミックス、塩、黒胡椒を入れてよく混ぜ合わせます。
    • 生地がまとまったら、4等分にしハンバーグの形に整えます。
  3. 焼き:
    • フライパンにオリーブオイルを熱し、中火でハンバーグを両面焼きます。
    • 焼き色がついたら、蓋をして弱火で5分ほど蒸し焼きにします。
  4. トマトソースの作成:
    • 別の鍋にオリーブオイルを熱し、みじん切りにんにくを炒めます。
    • にんにくが香り始めたら、カットトマト、塩、砂糖、イタリアンハーブミックスを加えて中火で煮込みます。
    • ソースが少しとろみがついたら完成です。
  5. 完成:
    • ハンバーグを皿に盛り付け、上からトマトソースをかけて完成です。

この「馬肉のイタリアン・ハーブハンバーグ」は、馬肉の風味とイタリアンハーブが見事にマッチした一品です。トマトソースがさっぱりとした味わいを加え、飽きのこない美味しさを提供します。普段の食事にはもちろん、特別な日のメニューとしても喜ばれること間違いなしです。

熊本 馬肉ハンバーグ 旨い理由 馬刺し 通販 (馬牛~ん) – 熊本の味馬刺し屋 カラーミー店 最新情報Blog (basashiya.com)

国産馬肉を使った和風ハンバーグ「馬肉の味噌照り焼きハンバーグ」のレシピをご紹介します。和風の味噌と照り焼きソースが馬肉の旨味を引き立てる、日本の家庭料理にもぴったりな一品です。

馬肉の味噌照り焼きハンバーグ

この「馬肉の味噌照り焼きハンバーグ」は、和風の風味が馬肉のジューシーさを引き立てる一品です。サイドに温かいごはんと一緒に提供することで、日本の食卓にぴったりのメニューになります。馬肉の低脂肪で高タンパクな特性が健康を気にする方にもおすすめです。

材料(4人分):

  • 国産馬肉ミンチ: 400g
  • 玉ねぎ(みじん切り): 1個
  • パン粉: 60g
  • 卵: 1個
  • 塩: 小さじ1/2
  • 黒胡椒: 小さじ1/4
  • サラダ油: 適量

味噌照り焼きソース:

  • 味噌: 大さじ2
  • みりん: 大さじ2
  • 酒: 大さじ2
  • 砂糖: 大さじ1
  • 醤油: 大さじ2

作り方:

  1. 下準備:
    • 玉ねぎはみじん切りにして、軽く炒めて冷ましておきます。
    • パン粉は少量の水で湿らせておきます。
  2. ハンバーグ生地の作成:
    • ボウルに馬肉ミンチ、炒めた玉ねぎ、湿らせたパン粉、卵、塩、黒胡椒を入れてよく混ぜ合わせます。
    • 生地がまとまったら、4等分にしてハンバーグの形に整えます。
  3. ハンバーグの焼き:
    • フライパンにサラダ油を熱し、中火でハンバーグを両面きれいに焼きます。
    • 焼き色がついたら蓋をして弱火で5分ほど蒸し焼きにし、火を通します。
  4. 味噌照り焼きソースの作成:
    • 別の小鍋に味噌、みりん、酒、砂糖、醤油を入れてよく混ぜ合わせます。
    • 中火にかけて煮詰め、とろみが出るまで加熱します。
  5. 仕上げ:
    • ハンバーグに味噌照り焼きソースをかけて、さらに煮詰めてソースがハンバーグに絡むまで煮ます。
  6. 盛り付け:
    • 盛り付けたハンバーグに、仕上げに余ったソースをかけて完成です。

国産馬肉を使ったフレンチ風ハンバーグ、「馬肉のデュクセルハンバーグ」のレシピをご紹介します。デュクセルはフランス料理で一般的なきのこを細かく刻んでハーブやバターで炒めたもので、ハンバーグに混ぜることで香り豊かな味わいが楽しめます。

馬肉のデュクセルハンバーグ

材料(4人分):

  • 国産馬肉ミンチ: 500g
  • デュクセル(詳細後述): 200g
  • 卵: 1個
  • パン粉: 1/2カップ
  • 塩: 小さじ1
  • 黒胡椒: 少々
  • ナツメグ: 少々
  • バター: 適量(焼用)

デュクセルの材料:

  • マッシュルーム: 300g
  • シャロット: 2個
  • バター: 大さじ2
  • タイム: 1枝
  • 塩、黒胡椒: 各少々

ソース:

  • 赤ワイン: 1カップ
  • デミグラスソース: 200ml
  • バター: 大さじ1

作り方:

  1. デュクセルの作成:
    • マッシュルームとシャロットを非常に細かく刻みます。
    • フライパンにバターを溶かし、シャロットとマッシュルームを加えて中火で炒めます。
    • タイム、塩、黒胡椒を加えて水分が飛ぶまで炒め続け、完成したら冷ましておきます。
  2. ハンバーグ生地の作成:
    • ボウルに馬肉ミンチ、冷ましたデュクセル、卵、パン粉、塩、黒胡椒、ナツメグを入れてよく混ぜ合わせます。
    • 生地を4等分にして、円形に形成します。
  3. ハンバーグの焼き:
    • フライパンにバターを溶かし、ハンバーグを中火で両面きれいに焼きます。
    • 焼き色がついたら蓋をして弱火で5分ほど蒸し焼きにします。
  4. ソースの作成:
    • 別の鍋に赤ワインを入れて半量まで煮詰めます。
    • デミグラスソースを加えて温まったら、仕上げにバターを加えて滑らかになるまで混ぜます。
  5. 盛り付け:
    • ハンバーグを皿に盛り付け、上からソースをかけて完成です。

この「馬肉のデュクセルハンバーグ」は、香り高いデュクセルが馬肉の風味を引き立て、リッチなデミグラスソースが華やかな味わいを加えます。フランス料理のエッセンスを取り入れたハンバーグは、特別な日のディナーや週末のブランチにぴったりです。

国産馬肉と国産和牛を使ったハンバーグレシピ、「馬肉と和牛の豪華ハンバーグ」をご紹介します。このレシピでは、馬肉の独特の風味と和牛の脂の旨味が合わさり、格別の美味しさを楽しむことができます。

馬肉と和牛の豪華ハンバーグ

材料(4人分):

  • 国産馬肉ミンチ: 200g
  • 国産和牛ミンチ: 200g
  • 玉ねぎ(みじん切り): 1個
  • パン粉: 2/3カップ
  • 牛乳: 大さじ4
  • 卵: 1個
  • 塩: 小さじ1
  • 黒胡椒: 小さじ1/2
  • ナツメグ: 小さじ1/4
  • サラダ油: 適量

ソース:

  • デミグラスソース: 200ml
  • 赤ワイン: 大さじ3
  • バター: 大さじ1
  • 塩、黒胡椒: 各少々

作り方:

  1. 下準備:
    • 玉ねぎはみじん切りにして、少量の油で中火で炒め、色が透明になるまで炒めた後、冷ましておきます。
    • パン粉は牛乳で湿らせておきます。
  2. ハンバーグ生地の作成:
    • 大きなボウルに馬肉ミンチと和牛ミンチ、冷ました玉ねぎ、湿らせたパン粉、卵、塩、黒胡椒、ナツメグを加えます。
    • 材料を手でよく混ぜ合わせて、均一な生地にします。
    • 生地を4等分にし、丸く形成します。
  3. ハンバーグの焼き:
    • フライパンにサラダ油を熱し、形成したハンバーグを中火で両面きれいに焼きます。
    • 焼き色がついたら、蓋をして弱火で5〜7分蒸し焼きにし、火を通します。
  4. ソースの作成:
    • 別の鍋でデミグラスソースを温め、赤ワインを加えて少し煮詰めます。
    • 最後にバターを入れ、塩と黒胡椒で味を調えます。
  5. 盛り付け:
    • 焼き上がったハンバーグを皿に盛り付け、上からソースをかけて完成です。

この「馬肉と和牛の豪華ハンバーグ」は、二つの異なる肉の風味が絶妙に融合し、ジューシーで深い味わいが特徴です。特別な日のディナーや週末のブランチにぴったりの一品であり、家族やゲストに喜ばれること間違いなしです。サイドには季節の野菜を添えると、更に華やかな食卓になります。

国産馬刺しペーストのアレンジレシピ

香味豊かな国産馬刺しペースト

 国産馬刺しを使ったペーストレシピは、簡単でありながらも、馬刺しの美味しさを存分に楽しめる一品になります。和風の味わいにアレンジしたこのレシピは、パスタやクラッカーのトッピング、あるいはおにぎりの具材など、多様な食べ方で楽しむことができます。

国産馬刺しペーストレシピ

1)材料:
 国産馬刺し(刺身用): 100g
 みそ: 大さじ2
 にんにく(すりおろし): 1片
 青ねぎ(みじん切り): 大さじ2
 白いりごま: 大さじ1
 醤油: 大さじ1
 ごま油: 大さじ1
 唐辛子(みじん切り、お好みで): 1本

2)作り方:
 1.馬刺しの下準備:
 ・馬刺しは冷蔵庫から取り出し、常温に戻してから、細かく刻みます。
 2.ペーストの作成:
 ・ボウルにみそ、すりおろしたにんにく、みじん切りにした青ねぎ、白いりごま、
  醤油、ごま油を加え、よく混ぜ合わせます。
 ・刻んだ馬刺しを加え、更に均一になるまで混ぜます。この時、お好みでみじん切り
  にした唐辛子を加えると、ピリッとした辛味が加わります。
 3.味の調整:
 ・味見をして、必要に応じてみそや醤油の量を調整します。ご自身の好みに合わせ
  て、味を調えてください。
 4.冷蔵:
  ペーストを密閉容器に移し、冷蔵庫で1時間ほど冷やし固めます。これにより、
  味が馴染み、ペーストがまとまります。

完成した国産馬刺しペーストは、トーストに塗ったり、野菜スティックにディップとして使ったりと、多用途に渡ってお使いいただけます。和風の風味が生きるこのペーストは、日本酒や焼酎とも相性が良く、おつまみとしても楽しめます。

馬刺しの旨味広がる和風ペースト

和風の馬刺しペーストを活用したレシピをご紹介します。このレシピでは、日本の伝統的な調味料を使い、馬刺しの風味を最大限に生かしながら、使い勝手の良いペーストを作ります。サンドイッチやクラッカーに塗ったり、和風パスタのソースとしても使える万能ペーストです。

和風馬刺しペーストのトレシピ「馬刺しの旨味広がる和風ペースト」

1)材料:
 国産馬刺し(刺身用): 100g
 みそ: 大さじ2
 しょうゆ: 大さじ1
 みりん: 大さじ1
 砂糖: 小さじ1
 おろしにんにく: 1/2片分
 おろししょうが: 1/2片分
 白ごま: 大さじ1
 ごま油: 大さじ1
 刻みねぎ: 大さじ2

2)作り方:
 1.馬刺しの準備:
  馬刺しを細かく刻みます。できるだけ細かくすることで、ペースト状になりやす
  くなります。
 2.調味料の混合:
  みそ、しょうゆ、みりん、砂糖、おろしにんにく、おろししょうがを深めの
  ボウルに入れてよく混ぜ合わせます。
 3.ペーストの完成:
  ・2.の調味料に、刻んだ馬刺し、白ごま、ごま油を加えて混ぜ合わせます。
   この時、材料が均一に混ざり合うまでよく混ぜることが大切です。
  ・最後に刻みねぎを加えてさらに混ぜ合わせます。
 4.味の調整と保存:
  ・味見をして、必要に応じて調味料の量を加減します。
  ・完成したペーストは清潔な保存容器に移し、冷蔵庫で保存してください。

この「馬刺しの旨味広がる和風ペースト」は、馬刺しの風味を活かしつつ、和風の調味料で味わい深く仕上げています。おろしにんにくとおろししょうがが加わることで、さらに香り高い仕上がりになります。ご飯のお供に、またはお酒の肴としてもぴったりの一品です。自宅で簡単に作れるので、ぜひ試してみてください。

国産馬刺しのタテガミのレシピ

国産馬刺しのたてがみを使ったオリジナルレシピをご提案します。たてがみは非常に珍しい部位で、特有の食感と味わいがあります。下記のレシピは、たてがみの魅力を引き立てつつ、ご自宅で簡単に作れるよう工夫しました。

馬刺しのたてがみのポン酢ジュレ

1)材料(2人分):
 馬刺しのたてがみ: 100g
 ポン酢: 50ml
 粉ゼラチン: 5g
 水: 50ml(ゼラチン用)
 サラダ菜やミックスリーフ: 適量
 薬味(みじん切りの春菊や大葉、細切りの長ネギなど): 適量

2)作り方:
 1.ゼラチンの準備: 粉ゼラチンは水に振り入れ、ふやかしておきます。
 2.ポン酢ジュレを作る: 小鍋にポン酢を温め、ふやかしたゼラチンを溶かし込みます。そのまま冷ましてから、冷蔵庫で固まるまで冷やします。
 3.たてがみの準備: たてがみは軽く水洗いして、適宜の長さにカットします。その後、さっと湯通しして、冷水で冷やし、水気を切ります。
 4.盛り付け: 皿の上にサラダ菜やミックスリーフを敷き、その上に湯通ししたたてがみを盛り付けます。固まったポン酢ジュレを崩しながら上からかけ、薬味を散らします。

このレシピでは、たてがみのほのかな甘みとポン酢ジュレの酸味が絶妙にマッチし、一風変わった一品になります。ジュレは冷たくて爽やかなので、暑い季節にぴったりの一品です。また、薬味を変えることで、さまざまな味わいを楽しむことができます。

馬刺しのたてがみ和風ゼリー寄せ

 国産馬刺しのたてがみを使った、今までに提案していないオリジナルレシピを考えてみました。たてがみは独特の食感を持っており、その特性を生かしたアレンジで新しい味わいを楽しむことができます。

1)材料
 馬刺しのたてがみ:100g
 昆布だし:500ml
 粉ゼラチン:10g
 しょうゆ:大さじ2
 みりん:大さじ1
 砂糖:小さじ2
 おろし生姜:適量
 刻みネギ:適量
 酢橘(すだち)またはレモン:適宜

2)作り方
たてがみは軽く湯通しして、細かく刻みます。
昆布だしを鍋に入れて温め、しょうゆ、みりん、砂糖を加えて味を調えます。
粉ゼラチンは水でふやかしておき、2の鍋に加えて溶かします。
たてがみを加えて混ぜ、火から下ろします。
型に流し入れ、冷蔵庫で冷やし固めます。
固まったら、皿に移し、おろし生姜、刻みネギ、酢橘の絞り汁を上からかけて完成です。

このレシピでは、たてがみの食感と和風だしの旨味が絶妙にマッチします。おろし生姜や酢橘の酸味がアクセントになり、さっぱりとした味わいの中にも深みを感じられる一品になります。夏場の暑い時期にぴったりの一品で、冷たく冷やして食べることで、さらに美味しくいただけます。

国産馬刺しを美味しくするタレレシピ

・【熊本馬刺しを美味しくするタレ レシピ1】
熊本の馬刺しに合わせるタレを作る際は、醤油をベースに、少しの砂糖やみりんで甘味を加えます。これに、細かく刻んだネギやおろした生姜、ニンニクを混ぜ合わせ、風味を豊かにします。また、柑橘類の果汁(例えば、かぼすやレモン)を加えると、さわやかな酸味が馬刺しの味わいを一層引き立てます。これらの材料を適切に組み合わせて作ったタレは、熊本馬刺しの美味しさを最大限に引き出します。
・【熊本馬刺しを美味しくするタレ レシピ2】
ポン酢ベースの馬刺しタレを作るには、市販のポン酢に、おろしにんにく、おろし生姜、薄切りのネギ、ごま油を少量加えます。更に、一味唐辛子や粗挽き黒胡椒を加えてピリッとした辛さをプラスすると、馬刺しの風味を引き立てつつ、新しい味わいを楽しめます。これらの材料をよく混ぜ合わせ、冷蔵庫で冷やしてから使用すると、より一層馬刺しとの相性が良くなります。
・【熊本馬刺しを美味しくするタレ レシピ3】
熊本風馬刺しに合う新しいタレのレシピとして、味噌ベースのタレがおすすめです。このタレは、味噌を少量の酒やみりんで溶き、甘みとコクを加えるために砂糖を調整して加えます。さらに、香りを高めるために、おろし生姜やにんにくを少し加えると良いでしょう。最後に、ごま油を数滴加えて混ぜ合わせます。このタレは、馬刺しの濃厚な味わいを引き立てつつ、和のテイストを楽しむことができます。
・【熊本馬刺しを美味しくするタレ フレンチ風 レシピ4】
フレンチテイストの熊本馬刺し用タレを作る場合、バルサミコ酢をベースにしてみましょう。バルサミコ酢少量と、エキストラバージンオリーブオイル、細かく刻んだエシャロット、少しのディジョンマスタードを混ぜ合わせます。このタレに、蜂蜜少々を加えて甘味を調整し、塩と黒胡椒で味を整えます。完成したタレは、馬刺しに上品な甘酸っぱさとフレンチの風味を加え、独特の味わいを楽しむことができます。
・【熊本馬刺しを美味しくするタレ フレンチ風 レシピ5】
フレンチテイストの熊本馬刺し用タレのもう一つのレシピとして、ハーブとレモンのソースをご提案します。フレッシュなタイムやローズマリーを細かく刻み、レモンの皮を少量すりおろして加えます。これに、オリーブオイルとレモン汁を適量混ぜ合わせ、塩と黒胡椒で味を調整します。このさわやかで香り高いタレは、馬刺しの味を引き立てつつ、フレンチキュイジーヌのエッセンスを楽しむことができます。
・【熊本馬刺しを美味しくするタレ イタリア風 レシピ6】
イタリアンテイストの熊本馬刺し用タレを作るには、オリーブオイルとバルサミコ酢をベースにします。フレッシュなバジル、オレガノ、パセリを細かく刻み、これらのハーブをオリーブオイルとバルサミコ酢に混ぜ合わせます。ニンニクのみじん切りとレモンの皮を加えてアクセントにし、塩と黒胡椒で味を調えます。このタレは、馬刺しに独特の地中海風味を加え、イタリアンな雰囲気を楽しむことができます。
・【熊本馬刺しを美味しくするタレ イタリア風 レシピ7】
イタリアンテイストの熊本馬刺し用タレを作るには、フレッシュトマトとオリーブオイル、バルサミコ酢をベースにします。まず、熟したトマトを細かく切り、オリーブオイルとバルサミコ酢でマリネします。ここに細かく切ったバジル、少量のにんにく、塩、黒胡椒を加えて混ぜ合わせます。このタレは、馬刺しに爽やかで豊かなトマトの味わいとイタリアンハーブの香りを添えることができます。
・【熊本馬刺しを美味しくするタレ アジアンテイスト レシピ8】
アジアンテイストの熊本馬刺し用タレを作るには、しょうゆをベースに、ごま油を少し加えて深みを出します。細かくおろしたしょうがとにんにくを加え、辛味と香りをプラス。ライムの果汁で酸味を、はちみつで自然な甘みを加えます。最後に、細切りの青ネギと香菜(シャンツァイ)を散らして完成です。この組み合わせで、馬刺しの繊細な味わいにアジアンの鮮やかな風味を加えることができます。
【馬刺しのオリーブオイル漬け9】
馬刺しを地中海風にアレンジした美味しい食べ方として、「馬刺しのオリーブオイル漬け」です。薄切りにした馬刺しを、エキストラバージンオリーブオイル、細かく刻んだローズマリー、タイム、にんにく、そしてレモンの皮を加えた marinade(マリネ液)に数時間漬け込みます。このアレンジで、馬刺しは地中海の香り豊かな風味を吸収し、新しい味わいの層を楽しむことができます。食事の前菜として、または軽い夕食として最適です。

熊本馬刺しによくあう薬味・アレンジ薬味とは

 馬刺しによく合う薬味としては、大葉(しそ)、ミョウガ、生姜(おろし生姜)、ネギ(特に白ネギ)、ニンニク(おろしニンニク)、柚子やレモンの皮の細切りなどがあります。これらの薬味は、馬刺しの風味を引き立て、さっぱりとした後味を与えることができます。

馬刺しのアレンジ薬味の提案1
 馬刺しに合う他のアレンジ薬味としては、柚子胡椒、刻んだ柚子の皮、紫蘇の葉、ラディッシュの薄切り、またはアンチョビペーストを少量混ぜたソースなどがあります。これらは馬刺しの味わいを新鮮に彩り、異なる風味を楽しむことができます。

馬刺しのアレンジ薬味の提案2
 馬刺しに合うさらにアレンジした薬味としては、細かく刻んだレモングラスや、ミントの葉を挙げることができます。これらの薬味は、爽やかでハーブの風味を馬刺しに加え、異国情緒あふれる味わいを楽しむことができます。また、和風との組み合わせであれば、柚子こしょうや、刻んだ生の柚子皮をトッピングすると、馬刺しの味わいに新鮮な風味とピリッとした辛味をプラスできます。

熊本の醤油を使って更においしい馬刺しを現地の味で試す食べ方

熊本県の醤油は、他の地域の醤油と比べていくつかの特徴があります。以下に熊本県の醤油の一般的な特徴を挙げてみましょう。

熊本の一般的な醤油とは

■甘口でまろやかな味わい:
熊本の醤油は一般的に甘口で、まろやかな味わいが特徴です。これは、熊本の気候や土壌条件が、大豆や小麦などの原材料に影響を与えていると思われます。

■濃い色合い:
熊本の醤油は一般的に濃い色合いを持っています。この色は、醸造過程での発酵や熟成によるもので、深い風味とコクを生み出しています。

■伝統的な製法の継承:
熊本の一部の醤油メーカーは、長い歴史と伝統を持っています。伝統的な製法や職人の技術が、熊本の醤油に独自の風味をもたらしています。

地元産の原材料の使用:
熊本は農業が盛んであり、地元で生産された大豆や小麦が醤油の原材料として使われることがあります。これが地域特有の風味を形成しています。

■料理に合わせやすい:
甘口でまろやかな味わいがありつつも、適度なコクがあるため、多くの料理に合わせやすい特性があります。熊本の郷土料理や和食全般に好まれています。

ただし、これらの特徴は一般的な傾向であり、すべての熊本県産の醤油がこれに当てはまるわけではありません。各メーカーごとに独自の製法や味わいが存在するため、実際に試してみることが一番です。

馬刺しには馬刺し専用醤油がオススメ  (馬刺し食べ方 (番外編))

美味しい馬刺しを引き立てるための醤油、それが橋本醤油の自慢の一品です。馬刺しはもちろん、ステーキや照り焼きにもぴったりの風味を添えます。

当社は大正8年に創業し、90年以上にわたり変わらぬものづくりへの情熱を胸に、お客様へお届けする一滴ひとしずくに魂を込めています。橋本醤油の原点は、お客様へ提供する製品に真摯な思いを込めること。私たちは醤油や甘酒などの製造販売を通じて、日本の伝統的な食文化を支え、社会に貢献し続けています。皆様により美味しい製品をお届けするため、日々努力を惜しまないことをお約束します。

熊本の馬刺しを美味しく楽しむ盛り付けをする食べ方

熊本の馬刺しは、その独自の旨味と質の高さで知られています。その美味しさを最大限に引き出すために、特別な盛り付けがおすすめです。以下は、馬刺しをより美味しく楽しんで食べるための盛り付けアイデアです。

彩り野菜と一緒に:
色とりどりの野菜を添えて盛り付けると、見た目が一層鮮やかになります。赤、黄、緑の野菜を組み合わせて、馬刺しの上に彩りよく盛りつけましょう。色彩が鮮やかな事でより馬刺しの赤が引き立ち気分や気持ちでも馬刺しの美味しさを引き立ててくれる事間違え無しです。

馬刺しを彩り野菜で食べる

大葉と柚子胡椒の風味:
大葉の葉っぱを使って馬刺しを包むと、新しい食べ方が楽しめます。また、柚子胡椒を添えて風味をプラスするのもおすすめです。馬刺しそのものの美味しさはやはり生で食べる事ですが、大葉や柚子胡椒など馬刺しの味にプラスオンする事で馬刺しの美味しさがより引き立ちます。但しあくまでアクセントであり、少量がベストです。

馬刺し寿司ロール:
馬刺しを寿司のネタのように巻いたロール寿司も素敵なアイデアです。酢飯と一緒に巻いて、切り分けてみてください。

馬刺し寿司

和える系アレンジ:
馬刺しをポン酢で和え、そこに細切りの大葱や紅しょうがをトッピングすると、爽やかな風味が広がります。

これらのアイデアを取り入れて、馬刺しをより美味しく楽しんでみてください。馬刺しの上質な味わいを引き立てる盛り付けで、特別な食事のひとときを楽しんでください。

純国産馬刺し 熊本馬刺し の美味しい食べ方 まとめ

 これらの食べ方で、馬刺しの奥深い味わいを楽しむことができます。当店では、新鮮で安全な馬肉を使用し、お客様に満足いただける一皿をご提供しています。ぜひ、熊本の味馬刺し屋で馬刺しの世界をご堪能ください。また熊本の馬刺し屋なら熊本の味馬刺し屋カラーミー店(馬刺し 通販)にお任せください。